快適な眼鏡レンズと、最先端のレンズコーティング技術で業界をリードする
サイトマップ |  サイトポリシー |  プライバシーポリシー |  English Page | 
伊藤光学工業株式会社
HOME 事業案内 企業案内 目の豆知識 グループ企業 環境活動 お問い合わせ
事業案内
メガネレンズ
コーティング
プライマコート
SPLコート
エセンシアコート
HGコート
アメイジングコート
BLCコート
リフバックUV
レンズガイド

SPLコート

2005年5月30日 2重焦点レンズに対応致しました。
            CR BF A−25、CR BF A−28、CR BF B−25、CR BF B−28
眼鏡を掛けている方や眼鏡店のアンケートに基づいて開発された"キズ、汚れ"に3倍強いコート技術です。


キズの付きにくさ


キズの付きにくさ 従来の3倍(擦傷性向上)
表面の滑り性が高いため、すりキズに対する耐擦傷性が3倍向上(当社比)

【試験方法】
スチールウール(#0000)を2kg荷重にてレンズに押し当て、2往復/sでレンズ面に擦りつけ、キズの入るまでの回数を調べる。

※比較写真は製品の機能をご理解頂くためのイメージです。

汚れの拭き取り易さ


汚れの拭き取り易さ 従来の3倍(汚れ取れ性向上)
従来の撥水性に撥油機能が加わり、汚れの拭き取り易さが3倍に向上(当社比)

【試験方法】
油性ペン(ステッドラー社製LUMOCOLOR317)で、レンズ面に1cm×2本の線を引き10s間乾燥後、200g荷重を加えたレンズ拭き(ミクロスター)で拭き取り、汚れの取れた往復回数を調べる。

※比較写真は製品の機能をご理解頂くためのイメージです。

撥水性能の持続性


レンズ拭き耐久試験の結果より、約10,000往復後も撥水性能を持続(1日平均10回の拭き取りを行ったと仮定して約3年→10回×365日×3年=約1万回)

【試験方法】
レンズ拭きに600g荷重を加えた状態で、1万往復(2往復/s)拭き取りを行った後の撥水性能を調べる。


耐候性能向上
  • 過酷な耐候性試験において水に対する撥水性能は、試験前とほぼ同じレベルを維持。
  • 汚れ拭き取り性は、試験前と比較するとやや低下するが、乾拭きによる拭き取りは可能。
【試験方法】
メタルフレームに装着した状態で、サンシャインウェザーに200h投入を行い、その後「撥水性能」や「マジック拭き取り性能」を評価する。


店頭加工対応(簡単な手順で行えます)


接客された皆様が、きめ細やかなフィッティング加工ができるようになりました。



ページTopへ戻る
Copyright © ITOH OPTICAL INDUSTRIAL CO.,LTD. All Rights Reserved.